評判のインターネット学習教材すららが小学生の勉強嫌いを克服してくれる理由とは

勉強嫌いの子ども向けに開発された、評判のe-ラーニング教材『すらら』。
『すらら』の無料体験学習をしてみた感想も踏まえて、勉強が嫌いな小学生が『すらら』で勉強嫌いを克服できる3つの理由についてまとめてみました。

※対話型アニメーション教材すらら公式サイトはこちら

評判のインターネット学習教材『すらら』が小学生の勉強嫌いを克服できる3つの理由

 

理由その1:『すらら』で「そもそも勉強に興味関心がない」を克服できる!

 

人間には先天的に「探求反射」という、何かを知ろうとする欲求があります。
本来、勉強とは知らないことを知ったり、できなかったことができるようになる面白さがあるものです。

しかしながら、それまで自分の頭で考えて答えを出す喜びや面白さを味わう機会がなかった子どもは、むずかしい問題を見ると「できない」「わからない」とあきらめてしまいがちです。

「勉強の面白さ」を知らない子には、ゲーム的な要素を取り入れて勉強に興味を持たせたり、ごほうびを用意したりすることで勉強に取り組むきっかけを与えてあげることも有効です。

はじめは、このような「外発的動機」から勉強をしていても、続けるうちに勉強そのものの面白さを感じられるようになってくれば、「内発的動機」に変わっていくのです。

その点、ドリルなどの紙の教材に比べ、音が出たり動きのあるオンライン学習教材は、勉強嫌いの子どもが自ら勉強に取り組むきっかけとして有効。

とりわけ、『すらら』はアニメーションを取り入れた対話型の教材。
単元ごとにさまざまなアニメのキャラクターが先生役として登場し、自分だけに話しかけてくれる感覚で学習内容をわかりやすく説明してくれたり、問題を問いかけてくれるのに答える対話形式で進められていきます。
1分間に1度は先生との双方向のやりとりが発生するので、集中力を切らすことなく学習することができるのです。

堅苦しい「おべんきょう」という感じではなくゲーム感覚でできるため、勉強嫌いのお子さんでも自発的に取り組むことで家庭学習の習慣が定着し、自然と理解→定着が図れる、という良い循環を産み出すことが可能に。

 理由その2:『すらら』で「勉強がわからない」を克服できる!

 

勉強がわからなければ、子どもが勉強を嫌いになるのは当然ですよね。
すぐに先生や親に聞くなどの対応ができれば良いですが、わからないままスルーしてしまうと、さらにわからないことがどんどん積み重なり、場合によってはあっという間に授業についていけなくなってしまいます。
その結果、「勉強」と聞くだけでもイヤになってしまうということにもなりかねません。

その点『すらら』は“勉強嫌いな子ども“向けに開発された教材だけあって、各単元を平均15分の小さな範囲に分け、先生役のキャラクターがわかりやすく説明してくれるスモールステップ方式で、初めてその単元を学ぶお子さんでもしっかりと理解できるよう設計されています。

また一方的に講義が進むのではなく、先生が「わかったかどうかを確かめる質問」を投げかけてくれるので、確実に理解できたことを確かめた上で進めることができます。

加えて『すらら』には、解けない原因をシステムが自動的に診断する「つまずき診断」機能が。
子どもが「理解できていない箇所」を洗い出し、今の学年に関係なく何年でもさかのぼって必要な問題を提示してくれるので、「わからない」を積み残すことなく学習を進めることができます。

子どもの学力に応じて「簡単すぎず難しすぎない」“ちょうどよい“難易度の問題が出題されるので、達成感を得ながら勉強に対する自信を深めることで、じょじょに勉強嫌いを克服していくことが可能に。

理由その3: 『すらら』で「勉強のしかたがわからない」を克服できる!

 

自分から勉強しないお子さんを見かねて、親御さんが「勉強しなさい!」と言い過ぎているようであれば、強制された勉強をきゅうくつに感じて勉強嫌いになっている可能性があります。

子どもに限らず大人であっても、人に強制されると楽しいことも楽しくなくなったり、やろうと思っていたこともやりたくなくなったりするという経験はありませんか?

あくまでも、お子さんが自発的に学習に取り組めるようサポートするのが、親御さんの役割。
ゆくゆくはお子さんが自分で計画を立てて、自分でスケジュール管理して勉強できるようになることを目指したいですよね!?

とはいえ小学校低学年~中学年のお子さんの場合は特に、まだまだ自分ですべてスケジューリングをして学習をするのはなかなか難しいもの。
できるだけ親がそばについて、困っているようなら声をかけたり、ヒントを与えてあげたりのサポートが必要になります。

しかしながら、時間的な問題で勉強中ずっとそばについてあげることができない場合や、親御さんには「子どもがどこでつまずいているか?」の見極めが難しい場合もありますよね。

その点『すらら』 には、お子さんのすらら学習を専任でサポートしてくれる、「すららコーチ」というシステムがあります。

現役の塾講師である「すららコーチ」は、学習目標にあわせて、いつまでにどこまで勉強するかといった適切な学習計画を設計してくれるだけでなく、学習状況を遠隔から確認できる機能により、毎週親御さんに報告やアドバイスをくれたり、子どもに励ましのメッセージをくれるなど心強い存在。

とはいえすららコーチに任せっぱなしというわけではなく、保護者用の管理画面からお子さんのログイン状況、学習時間、クリアした単元数を確認することができるので、ふだん日常的に子どもの勉強を見てあげられない親御さんも安心ですね。

このように『すらら』では一人で学習していてもつまずかないように設計されているので、「どのように勉強をすすめたらよいのかがわからない」を解決。お子さんの学習面での自立をサポートしてくれます。

最後に

「勉強嫌いの子ども」向けに開発された教材というだけあって、『すらら』は勉強嫌いのお子さんがゲーム感覚で取り組むうちに、確実に基礎学力を定着させることで自信をつけ、さらに前向きに学習に取り組むようになる、という好循環を生む学習教材だと感じました。

なお『すらら』には、メールアドレス以外の個人情報を入力することなく気軽に『すらら』を試してみることができる「無料体験学習」のサービスがありますので、ご興味を持たれた方はいちど体験してみることをオススメします!

◆今すぐ『すらら』を無料で体験してみたい方はこちら>>>