小学ポピー『お試し購読』の申し込み方法。実際の教材を1ヶ月分からおためしできる便利なシステムを活用しよう!

40年以上にわたる実績をもつ通信教材、小学ポピー。
全国の小・中学校で使用されているドリルや問題集などを発行している会社が作っている教材なので、学校のテストに強いのが特徴です。

小学ポピーには、実際の教材を1ヶ月分から試してみることができる『お試し購読』というシステムがあります。
お子さんに合う教材を慎重に選びたい方にはとってもありがたいシステムなのですが、この『お試し購読』を申し込む際には注意点があります。

今回は、小学ポピー『お試し購読』の申し込み方法についてお伝えします。

※小学ポピー『お試し購読』のくわしい情報はこちらから

小学ポピー『お試し購読』ってどんなサービス?

ポピー『お試し購読』でできることとは。

上で述べたとおり、ポピーの「お試し購読」とは、ポピーを1ヶ月分(好きな号)からためしに購読してみることができるシステム。
定期講読するかどうか迷っている方が、実際の教材を手にとって確かめることができる便利なシステムです。

ポピーの定期購読を申し込むと、退会や中止の連絡をしないかぎり継続的に教材が届けられますが、「お試し購読」だと1ヶ月単位で申し込みが可能となります。

また「お試し購読」では、好きな月の教材を選んで申し込むことが可能。
ホームページ上で購読を希望する号を選ぶと、選んだ月のみ教材が届くシステムになっていて、過去のバックナンバーを購入したり、先々の月の号を予約で購入することもできます。

注意!!ポピーのお試し購読ができるのは「さんけん社」だけ

このように便利な「お試し購読」システムですが、ポピーを発行している全家研本部の公式サイトからは申し込むことができません

ポピーの支部(販売代理店)である「さんけん社」のみ、この「お試し購読」が可能ですので、申し込むときは注意してくださいね。

なお、インターネットで「月刊ポピー」と検索すると、いちばん上に出てくるのがポピーの公式サイト。
こちらは「月刊ポピー」を編集・出版している「株式会社 新学社(=全家研本部)」が運営しているサイトになります。(>>>【小学ポピー】

ところが、おなじ「月刊ポピー」についてインターネットで調べていると、上記の「全家研本部」公式サイトではない別のサイトにたどり着くことがあります。
それが、「さんけん社」という会社のサイト。(>>>全家研ポピー公認 さんけん社

月刊ポピーは、全日本家庭教育研究会(全家研)が発行する家庭学習教材です。

このWebサイトは、全家研本部の公認Webサイトです。

とあるように、さんけん社とは、ポピーを編集・出版している全家研の、全国に450ある支部(普及拠点すなわち販売代理店)のひとつということになります。
さんけん社は岡山にある会社ですが、全国どこの地域からでも、さんけん社に「月刊ポピー」を申し込むことができます。

ポピーの「お試し購読」申し込みの方法は

それでは実際に、ポピーの「おためし購読」の申し込み方法についてお伝えしていきますね。
まずは、ポピーを編集発行している全家研の支部である、「さんけん社」のサイトにアクセスします。

※さんけん社サイトはこちら※小学ポピー『お試し購読』 さんけん社公式サイト

 

画面上部の黄緑色の『お試し購読お申込み』のボタンを押すと、

 

このような【お試し購読申込み】ページに行きますので、必要事項を入力していきます。

ちなみに必須の入力項目は、

*教材送付先情報
【保護者氏名 】
【住所 】
【電話番号】
【メールアドレス】
*お子様の情報
【氏名 】
【学校 】
*【ご希望教材】【ご希望購入月】にチェック
*【ご希望お支払い方法】
「クレジットカード一括払い」「ゆうちょ銀行払込一括払い」のどちらか

ちなみに私は以前、幼児ポピー『あおどり』の4月号・10月号・3月号のお試し購読を申し込みました。
理由は、年長さん向けカリキュラムのスタート時と半年後、一年後の教材を見てみることで、一年をとおしての難易度のレベルを確かめたかったからです。
私は3ヶ月分を注文しましたが、1ヶ月分のみの申し込みももちろんOK!

申し込み後、バックナンバーである4月号と10月号が一緒に郵便で届き、その後、2月下旬頃に3月号が届きました。

「おためし購読」申し込み後の定期購読の勧誘電話は・・・

私は「おためし購読」を申し込む前に「無料おためし見本」を申し込んでいたのですが、「無料おためし見本」が届いた後の勧誘電話については、2回ほど着信(留守電にメッセージが1回)がありましたが、それ以上はかかってきませんでした。

そして、「お試し購読」の申し込み後に定期購読の勧誘電話がかかってきたか!?については、”一回、着信はあったがそれっきり”でした。

今回は留守電メッセージもなかったため、電話の用件が定期購読の勧誘なのか、教材の到着確認なのかはわかりませんが、無料おためし見本の場合と同じく、申し込み後に電話がしつこく何回もかかってくる、ということはなさそうです。

『お試し購読』なら、退会手続きを気にすることなく申し込めるので安心!

ポピーの定期購読を申し込んだ場合、その後退会を希望する場合は、退会2ヶ月前までに支部もしくはお客様窓口(本部)まで電話連絡する必要があります(HP上では退会手続きません)。

電話で退会を申し出るのは面倒だしちょっと気が重いので、ついつい後回しにしているうちに退会期限を越えてしまった、ということもありがちですよね・・・

その点『お試し購読』なら期限を決めて申し込めるので、申し込み後の退会手続きの可能性を考えて憂鬱になることもなく、安心してお試しすることができます。

「うちの子本当に続けられるかしら?」と不安な方や、「教材のレベルが子どもに合っているかどうか見てみたい」という方は一度『おためし購読』をしてみることをおすすめします!

*「さっそく”お試し購読”を申し込んでみる」という方はこちらから>>>さんけん社公式サイト